Quick Homepage Maker is easy, simple, pretty Website Building System

東京大学後期総合科目Ⅲ

東京大学後期総合科目Ⅲ

<H24.7.28>

オットー・ディックスの「汝の目を信じよ!」という言葉、肝に銘じます。

今年の東京大学の後期総合科目Ⅲは、
なかなか骨のある出題でしたね。

まず今回は、問題Ⅰについて論評しますが、
2012年度の課題文は徐京植「汝の目を信じよ!」
からの引用で、内容的には、ナチス・ドイツ時代における
文化芸術に対するテロリズム(退廃芸術追放作戦)の事例から、
芸術と政治の関係性について考えさせる出題でした。

まず問1では、課題文中に登場する「ワイマール共和国」について、
その歴史を500字以内でまとめることが要求されています。
ただし、課題文は、ナチス・ドイツが、画家オットー・ディックス
に対してとった弾圧・抑圧の話が主ですので、何ら
「ワイマール共和国」の歴史について記述がありません。

ですので、言ってみれば、世界史の知識を問う単体の出題なのですね。

そして知識といいましても、500字以内で「ワイマール共和国」の
何たるかを概説せねばなりませんから、答案を書き出す前に、
まず記述する内容の構造を組み立てることが必要です。

そのような準備なしに、時系列でただ歴史的事実を説明すると、
読み手には全く伝わりません。
つまり、知識とともに文章の組み立て方や
筆力が併せて問われているのです。

その意味から、まとめ方の一つの例を示すと、1919年から1933年の
15年間を「成立・混乱期」、「安定期」、「ナチスの台頭-崩壊期」
という具合に、3つの期間に区分すると良いと思います。

「ワイマール共和国」は、国民主権、生存権を保障した
ワイマール憲法に基づく民主的理想を高く掲げた国家でした。
ところが、その内実、台所事情には大変厳しいものがありました。
なんと言っても敗戦後ヴェルサイユ条約を受容すること自体に
かなりの無理がありました。巨額の賠償金を抱え、領土の削減、
軍備の縮小など不利な条件を突きつけられたわけですからね。

もちろん、ドーズ案、ヤング案などで
「ワイマール共和国」も一時安定を見せるわけですが、
1929年の世界恐慌でドイツ経済は深刻な状態に逆戻りします。

この負の社会情勢の中、ヴェルサイユ体制に対する
国民の不満をうまく利用し、勢力を伸ばしたのがナチス政権です。
まあ、以上述べた具合に3つの時期に区分し概略をまとめられれば良いと思います。

問2は、課題文を読み、まず「芸術作品の政治的介入と
利用の目的」について説明し、その上で芸術作品への政治的介入や
利用の持つ問題を、課題文とは異なる事例を
最低一つ示して500字以内で論じる、というものです。

芸術作品には文学も入りますので、わが国で言えばプロレタリア文学への弾圧、
例えば小林多喜二に対する特高警察による厳しい弾圧などは
題意に合致する記述となるでしょうね。
あとは、昭和32年、44年、55年に最高裁判決の出た
性表現に関する、国家の介入あたりでしょうか。

私も刑法の違法性の実質論では「社会的相当性説」を支持しておりますから、
この件に関しコメントするのは、苦しい立場なのですが、
たとえば最大昭44.10.15、「悪徳の栄え」事件の
判決文は興味深いですね。

<判決文一部抜粋>
「出版その他の表現の自由や学問の自由は、
民主主義の基礎をなすきわめて重要なものであるが、
絶対無制限なものではなく、その濫用が禁ぜられ、
公共の福祉の制限の下に立つものであることは、
前期当裁判所昭和32年3月13日大法廷判決の
趣旨とするところである。
そして、芸術的・思想的価値のある文書についても、
それが猥褻性をもつものである場合には、
性生活に関する秩序及び健全な風俗を維持するため、
これを処罰の対象とすることが国民生活全体の利益に
合致するものと認められるから、これを目して
憲法21条、23条に違反するものということはできない」


ここでは、判決文に登場する下線部(下線は筆者による)の
「性生活に関する秩序」、「健全な風俗」という概念道具に着目してください。
言ってみればこれは曖昧な基準なわけですね。
ですから、この基準を駆使し文学における芸術表現を
国家目的に合致させるよう、これが過度に機能する場合には、
問題の生じる場合があると考えられます。
それは、国家目的による介入の度が過ぎると表現者の創造性に
対する抑圧が加速されるのと同時に、鑑賞者の自律性、価値決定の
自由が損なわれるからだと思います。

次回は、問題2「神仏習合」に関する出題の解説を致します。
お楽しみに!

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional